WordPress構築 #1

Wordpress構築

いざブログ運営に舵を切ろう!とエックスサーバーでサーバーをレンタルし、

ムームードメインでドメインを確保したのは2月の中旬でしたが、

紆余曲折ありWordpress環境構築を昨日完了させることができました。

 

タメになるサイトも豊富にあり、実際に構築してみると思いのほか簡単ではありましたが、

特にドメイン設定の途中でいくつかつまづく点があったのでその内容を記しておきたいと思います。

 

エックスサーバー側でドメイン設定を追加する際にこういったチェックボックスがあります。

どちらも一瞬手が止まりますよね。

IT企業に勤めている自分でもなんとなく意味はわかっていますが、その選択がどんなメリット・デメリットがあるのかいざ問われるとわからない…。SEOに評価される部分なのかされないのか。

とりあえずググる。

 

1.「無料独自SSL」とは?

そもそもSSLって何でしょうか?

SSLは、インターネット上で送受信される個人情報や決済情報などの重要なデータを、悪意ある第三者から守る有効手段です。

出典元:GlobalSign

主にサイト訪問者側からのデータの送信(例:コメントの送信、ログイン情報の送信)が行われる際に機能します。ECサイト運営時などユーザーのアクション時に秘匿すべき情報が含まれている場合に有効な設定です。本サイトのように通常はユーザーが閲覧のみしか行わないサイトの場合は意識しなくてもよい情報です。

 

ただ、昨今のGoogleSEO仕様ではSSL化(=HTTPS表示)されるサイトの方が優先的な評価を得ることが多いとされているため、チェックをいれておいて損はない設定でしょう。

逆にデメリットとしてはhttps通信非対応のツールなどをサイト内に配置している場合は表示されなくなるというものです。

 

2.「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」って??

前述のSSL情報は通信が行われる際に通信先と鍵の交換を行います。その際に鍵の詳細情報として記載されるものがCSR情報となります。

ちょっと何言ってるかわかりませんね。

 

このインターネットの世界で他人に知られたくない情報をやりとりする場面になったとします。通常ですと何ににも包まれていないのでわかる人から見ればまるわかりになってしまいます。

ただSSL通信のイメージはその情報を保護材にくるんで他人から見えないようにする通信です。保護材も無数にあるのでどこから発行されたものなどの情報をCSRという方法で表現しているのです。

 

いったん、現時点ではここまででまた図解を交えながら更新していきたいと思います。

 

結論

 ●無料独自SSLは適用する(チェックを入れる)

 ●CSR情報は未記載(チェックを入れない)

がお勧めの設定となります!

コメント