落合陽一さん愛用のカメラを調査してみました!

雑記

詫び寂びの体現

見てくださいこのエモい感じ!

Silver Wood

Yoichi Ochiaiさん(@ochyai)がシェアした投稿 –

カメラ素人でもすごさを感じる写真で、陰影の感じとかめっちゃ好きです。

現代の魔法使い、メディアアーティストなどのたくさんの肩書を持つ落合陽一さんの写真はどれも切ない一瞬を切り取ってるようで、”暗い”と言う人も居るかもしれません。ただ日の当たらない現実を切り取ったみたいな空気感が、かえって人の温かさや、人工物の冷たさなどを際立たているように思います。

そこで彼はどんなカメラを使っているのか?と気になって調べてみました。

 

メーカーや機種は何だろう?

普通に「落合陽一 カメラ」とかで検索してもあまり出てこず、下記2つの記事を見つけました。

 

2012/11/21更新の記事

2925-121113 一眼レフとコンパクトカメラの違い(shiology)

2018/04/27更新の記事

「福岡は独自通貨で財源確保できる」 対談:落合陽一氏×グッドラックスリー・井上社長 縮む地方、新技術の可能性は(西日本経済新聞電子版)

 

塩澤一洋さん(shiology)の記事では「DP2 merrill」を使っていたらしき情報が!

西日本経済新聞さんの記事では「ライカM10」を使っているとの情報が!

 

それぞれざっくり調べてみました。

 

●sigma DP2 merrill

引用:SIGMA DP2

【特徴】

・生産終了している

・コンデジなのに画質がすごくよい

・しかしけっこう撮るのも、撮った後も面倒(むしろそこがイイ、それを楽しむ)

・4600万画素、330g

・お値段:約¥80,000

 

ライカ M10

引用:ライカM10

【特徴】

・2017年1月発売の現行機種

・デジタル一眼

・素人にはよくわからないがとにかくすごいようだ(お値段が物語る)

・2400万画素、660g

・お値段:約¥900,000!

 

きゅっ…90万!カメラ相場わかりませんがライカM10はそれだけの価値があるのでしょう。これだけの価値のカメラを持てば視座も高くなりそうですね。

 

Twitterでも…?

ネットで満足のいく情報が得られた!と思ったらTwitterでさくっとご本人(@ochayi)がコメントされてました。

 

ちなみにSONY RX1Rmk2

 

引用:SONY DSC-RX1R

【特徴】

・2016年2月発売の機種

・コンデジ

・こちらもとにかくセンサーの類が素晴らしいようだ

・4240万画素、480g

・お値段:約¥300,000!

 

いずれも「ザ・一眼カメラ」って感じではなく、コンパクトなカメラがお好きなようです。

DP2のような軽くて武骨な感じ、いいですね。ライカのような伝統的なカメラ感もいいですが黒一色の潔さ、もう好き。ただ扱いにくいのはちょっと…。似たようなフォルムで手ごろかつ、初心者向けに扱いやすいものを探してみます!

皆さんの参考になれば幸いです!それでは。

コメント