auの新プラン、Netflixパックはお得なのかを検証する

雑記

こんにちは、へんりーです。

auが新しい料金プランを打ち出していましたので、その内容を細かく見ていこうと思います。

 

可処分時間の奪い合い

auフラットプラン25 Netflixパック(au)

auの料金プランにNetflix見放題で25GBの「Netflixパック」。5,500円~(AV Watch)

 

今回のプランは「25GBのデータ通信サービス+Netflix+ビデオパス(au動画配信サービス)」と定食頼んだらご飯が2個ついてきたみたいな。お腹いっぱい。動画大好き層に特化してきたサービスですね。

 

料金を見てみましょう。ニュースサイトでは¥5,500〜とマイルドな書きっぷりですが、基本の月額は¥7,000〜です。そこから契約の縛りと引き換えに割引が効くという感じですね。

実際、¥5,500に抑える為にはスマートバリュー(自宅回線やテレビもしくは電話を所定のものに合わせる or “auスマートポート”というWimax搭載Wi-Fiルータの契約)が必要になります。それに加えて謎のスマホ応援割が効き1年間だけ¥1,000安くなります。

割引でお得感出しつつもバチコリ他のサービスで回収するという、お金の流れわかりにくくなりがち!でこういうスタイル考え出した人ほんとすごい。料金ページ見ただけでもすごいですよ!注釈が「★」とか「※」とか「注」とか…いや、まとまりあれ!しかし担当の人も複雑化せざるを得ない背景があったんでしょう。

 

費用を分解してみる

個別に費用を比較してみましょうか。従来のプランだとどうなるか、一旦スーパーカケホ基準で試算してみます。

①データ通信20GB+5GB

¥5,480+(¥1,000*5)=¥10,480

※データチャージが1GBあたり¥1,000で試算の意味もなくなりつつありますが進めます。

 

②Netflix月額料

プランによってHD動画が見られる、見られないなどありますが。一旦ベーシックプランで。

ベーシック:¥650

スタンダード:¥950

プレミアム:¥1,450

 

③ビデオパス月額料

¥562

ここは潔いのね。。

 

総額

¥10,480+¥650+¥562 = ¥11,692

ということで同じ条件を今までのプランで実現しようとしたら今回の¥5,500〜¥7,000〜という話は結構安く感じますね。ただ、今までのプランはデータチャージの1GB¥1,000という鬼設定があるので、20GBギリギリまで使うだけという条件なら、

¥5,480+¥650+¥562 = ¥6,692

とそれほどお得感はない気はします。

 

動画にどれだけ時間を費やすの?

金額の面ではデータ利用量が大きなポイントとなっていることがわかりました。ただお金も大事な要素ではありますが、これだけの通信量を使いきるのに時間を相当使うことになります。

テレビ・ビデオ以外の娯楽が中心となってきた昨今では可処分時間の奪い合いが起きています。そんな中でも今回、Netflixとビデオパスという動画サービスを消費するユーザーに対してのみアプローチしようとしていますが、実際今回のプランでユーザーはどれくらいの動画を見ることができるのでしょうか?25GB全て動画に使ったとして試算してみます。

 

Netflix公式でおおよそのデータ量が公開されています。

【動画1時間あたり】

[低画質 0.3GB]  → 25GB/0.3GB = 83 時間

[標準 0.7GB] → 25GB/0.7GB = 36時間

[高画質 3GB] → 25GB/3GB = 8時間

1ヶ月30日という計算で、、

・低画質なら1日約3時間見られることになります。

・標準画質なら1日約1時間見られることになります。

・高画質なら1日約0.5時間見られることになります。

低画質なら濃厚な映画を1本、高画質ならアニメ1本を毎日見られる計算になります。

なお、今回のプランはスマホ専用らしいです。タブレットならまだ需要は少しあったかもしれません。Netflixのログインなどがau IDと紐づいているのであれば、タブレットでスマホのau IDログイン、スマホからのテザリングで通信はスマホからという動きができそうですけど、なんかすごくめんどくさいです。

あえて活路を見出すなら、速度制限をほぼ気にすることなく通信を楽しめるという点に着目するというところでしょうか。手軽にWi-Fiを掴める環境も少しずつ増えてきているので、20数GBもの通信をWi-Fiのない環境で行うイメージがとても付きにくかったです。長距離ドライバーの方などの方には需要があるかもしれないですね!

ただ逆転の発想で、Wi-Fiのない環境でも通信をほぼ無尽蔵に使える、という状況でしか見えてこないモノもありそうです。

 

それでは。

コメント